葬トレンドロゴ
1999年2月5日号

Copyright (C) 1999 SEKISE, Inc.

三木のり平さんの葬儀

肝臓がんで1月25日に死亡した喜劇俳優の三木のり平さん(享年74)の葬儀・告別式が1月31日、東京都文京区の護国寺で営まれ、約1200人が参列した。
午後1時からの告別式で、「桃屋」社長、劇作家の別役実さん、女優の水谷八重子さんが弔辞を述べた。棺にはロイド眼鏡、パズルの本、「放浪記」などの台本3冊、競馬新聞などが納められた。俳優の萩本欽一さん、伊東四朗さんらに担がれた棺は、「日本一、のり平、おたーちー」の掛け声に送られて霊きゅう車で出発した。



シンガポールの習慣

この国は中国系の人が多いので、宗教も仏教(道教)が中心、またキリスト教やイスラム教もある。そこで遺体処置の方法としては火葬と土葬がある。ただしそれぞれ環境庁に納める額が異なる。火葬は100シンガポールドル(約7000円)であるが、土葬となると840ドル(約6万円)もかかる。これも墓地不足の故か。


最新号へ過去の記事一覧へ

お葬式プラザロゴ