葬トレンドロゴ
1998年12月11日号

Copyright (C) 1998 SEKISE, Inc.

肉親のDNA遺伝子を管理します

DNA遺伝子は、身元確認や血縁関係を知るための手がかりとして脚光を集めているが、最近アメリカの葬儀社でも、遺体の髪や血液の管理に協力を始めている。アメリカの葬祭デレクターは、遺体保存処置をする免許を持っているので、遺体の髪や血液を手にいれることは可能。そこで民間の遺伝子管理会社と提携して、遺族から依頼があれば、血液などを採取して管理会社に送り、管理会社では遺族に分析や保管のサービスを提供するのである。アメリカには約2万箇所の葬儀会館があるので、今後、葬儀社を通してサービスが増えると見込まれている。



コンゴの歌手ペペ・カレの葬儀に100万人

コンゴの国民的歌手のペペ・カレが11月28日46歳で死亡。12月6日、葬儀のおこなわれた首都キンシャサには死を悲しむ100万人以上の人が集まった。葬儀に先だって、遺体は彼が活躍した町を巡り、最後にバンダルンガの役所の広場に安置されて、通夜が行われた。翌朝、遺体は人民宮殿の階段に移され、国葬が行われた。その模様は地元のテレビで報道された。葬儀のあと午後4時に遺体は埋葬された。


最新号へ過去の記事一覧へ

お葬式プラザロゴ