葬トレンドロゴ
1998年5月15日号

Copyright (C) 1998 SEKISE, Inc.

霊園の必需品となるか、故人の記憶装置

 アメリカのインテラ・マルチメディア社が、霊園に置くメモリアルキオスクを販売し ている。これは亡くなった人の経歴などを登録しておくもので、参拝に来た人がタッ チパネルのモニター画面で、その人の名前を探し出して引き出すと、その人の記録が 画面に表示される装置である。 確かに面白い商品であるが、参拝者がメッセージを残せるようにするともっといいの だが。ちなみに値段は100万円程度。



霊園への苦情理由

 日本では墓地問題といえば、墓地の高騰、墓地の不足、墓地の承継者のいないことな どが3つの問題点といえるが、アメリカでは違った問題が発表されている。霊園消費 者サービス諮問機関の調査によると、1996年に墓地に関する155の苦情が寄せられた 。一番多いのが、霊園の規則に関するもの。次に霊園のメンテナンスの問題。3つ目 が墓地の不当販売の問題である。日本での調査は墓地を持たない人が対象であるが、 これは墓地を持った人の調査だからおのずと結論は違う。しかし国情を知る手ががり とはなる。


最新号へ過去の記事一覧へ
お葬式プラザロゴ