葬トレンドロゴ
1998年3月27日号

Copyright (C) 1998 SEKISE, Inc.

やすらぎのセレモニー展

 4月24日から29日までインテックス大阪で開催予定の「やすらぎのセレモニー展」は 、「葬祭のすべてが見えてくる」というキャッチフレーズである。4月28日に行われ るシンポジュウムでは、作家の藤本義一氏が基調講演を行う。インターネットはここだが、詳しい情報は現在ない。



自分で葬儀の設計を

 事前葬儀契約を販売しているFORETHOUGHT社では、ホームページ(英文)で自分で出来る葬儀のプランニングを紹介している 。それは5つの項目からなっている。1、自分が死亡したら誰が葬儀をしますか?  2、自分の葬儀費用はどなたが負担しますか? 3、自分の葬儀に必要な道具(棺) 、しきたり(通夜)、人(神父)は何ですか? 4、自分の葬儀の予算はいくらです か? 5、自分の葬儀の設計にあたってもっとも残念に思われることは?(たとえば 遺族が反対するなど)これは大変に簡単なものですが、もっとも大事な要素が含まれ ていると思う。


最新号へ過去の記事一覧へ
お葬式プラザロゴ