葬トレンドロゴ
1997年11月14日号

Copyright (C) 1997 SEKISE, Inc.

遺体安置所から帰った男

 エジプトはカイロでの出来事。死を宣告され、遺体安置所の冷蔵庫に保管されていた バダイという男性が、12時間後に意識を回復して助けを求めた。文字どおり死からよ みがえったのである。これは大変めでたいことであるが、これを目撃した救急医療士 がショックで死亡したという。



墓荒しに賞金

 アメリカの霊園雑誌を見ていると常に感じることは、墓荒しの記事が多いことである 。霊園は普通誰も見ていない寂しい場所であるから、単に遊び半分で行なう人もいる だろうが、遺族にとってはたまらない。ニューヨーク州のリンデンハーストの町にあ るブレスロー霊園では60の墓石が倒され、4000ドルの被害を受けた。そこで墓の所有 者は、犯人の情報をもたらした者に10000ドルの賞金を提供すると発表した。被害額 よりも多い懸賞金である。

最新号へ過去の記事一覧へ
お葬式プラザロゴ