納骨堂と隣政寺
天翔堂について 今日の天翔堂風景 隣政寺について  参道散策

参道散策


哲学の路

哲学の道(参道) 写真もともと山の寺への参道はだったこの路は、高森町が自然石の石畳を敷いて観光に訪れる人のために、舗装整備して「哲学の路」と名付けられました。
納骨堂周辺の哲学の路には、季節になると幻の花「笹百合」も咲きます。 他にも、紫陽花など季節の花が彩りますので、散策してみてはいかがでしょうか。


山桜


「哲学の路」入り口付近は、山桜の古木の並木道になっています。

石仏

「哲学の路」両側には江戸時代末期に作られたと言われる石仏が、行き交う人々を見守るようにしてならんでいます。
現在は20数体しかありませんが、もともとは33体あり、全て参ると観音霊場の巡礼になるとされていました。
このページのトップへ

バードウォッチング

渓流広場の近くでは木に沢山の巣箱がかけられていますのでバードウォッチングを楽しむことを出来ます。

小川のせせらぎ

天翔堂のすぐ脇を谷川、田沢川が流れています。
 別称、観音沢とも呼ばれております。
 天翔堂でお参りしていると、せせらぎが聞こえてきます。

森の家

元は林間学校として利用されていましたが、現在は隣政寺の所有施設で、町が管理し、高森町の研修センターとして使われています。

渓流広場
高森町研修センターのちょうど哲学の路を挟んで反対側にある広場です。
渓流釣りや水遊びが楽しめる場所になっております。
このページのトップへ

山の寺 キャンプ場

キャンプ場 写真

山の寺の近くにはキャンプ場があります。 水場やトイレも整備されていて、バーべキューなどを安心して楽しめます。 小川や散策路もありますので、山の自然とふれあう機会にご利用下さい。


戒壇不動

山の寺から4kmの奥の院があります。 奥の院手前の、戒壇不動には巨大岩に直接不動明王を追彫った、磨崖仏と戒壇不動があります。
奥の院まで行くには、かなり険しい山道を山頂まで1時間ほど登ることになります。 途中、二度の休憩場所がありますが、そこから望む高森の景色は絶景です。 体力に自身がある方は、一度チャレンジしてみて下さい。

戒壇不動 写真

このページのトップへ

参道散策
Copyright  Shaddy, Inc.