信仰と祭り

祭り暦
 
1月 ●木賊獅子(阿智村)<1日>
●向方のお潔め祭り(天龍村)<3日>
●霜月神楽(天龍村)<3日〜5日>
●坂部の冬祭り(天龍村)<4日>
●大河内池大神社例祭(天龍村)<5日>
●新野の雪祭り(阿南町)<14日>
●羽広の獅子舞い(伊那市)<15日>

坂部の冬まつり

冬まつりは熊谷家3代直吉の夢占いによって 正長2年(1429)にはじめられた湯立神楽。正月4日から5日までに行われる。
祭の中に焼畑農耕の許可を得るため大地の霊と交渉する「たい切り面」が登場する。「水玉」と「火玉」の登場でクライマックスを迎える。



瑠璃寺の獅子舞い



大鹿歌舞伎公演



市田の灯ろう流し



今田人形祭


2月 ●念仏回向(売木村)<立春〜>
●元善光寺節分・火祭り(飯田市)<3日>
●萱垣稲荷の火祭り(飯田市)<3日>
●事の神送り(飯田市)<7日>
●だるま市(高遠町)<11日>
3月 ●稲荷神社のお練り(売木村)<21日>
●元善光寺彼岸祭(飯田市)<春・3月21日、秋・9月23日>
●時又の初午(飯田市)<初午の日>
●初午はだか祭り(飯田市)<旧暦初午>
4月 ●阿島毘沙門天祭り(喬木村)<第1土曜・日曜日>
●黒田人形(上郷村)<第2土曜・日曜日>
●鹿追い行事(天龍村)<旧暦3月3日>
●飯田のお練り(飯田市)<初旬>
瑠璃寺の獅子舞い(高森町)<中旬>
●山寺のやきもち踊り(伊那市)<14日に近い日曜日>
●荘丁踊り(豊岡村)<第一土曜・日曜日>
●応永甲辰ばやし(浪合村)<24日>
●行人祭り(阿南町)<28日>
●日吉のお鍬祭り(阿南町)<29日>
●桜まつり(高遠町)<中旬〜下旬>
●入登山神社大祭(下條村)<春・4月14日、秋10月14日>
●光前寺春季大祭(駒ヶ根市)<28日〜29日>
●伊那峡祭り(宮田村)<29日>
5月 大鹿歌舞伎公演(大鹿村)<3日>
●台城つつじ祭り(松川町)<4日>
●千人塚祭り(飯島町)<5日>
6月 ●ほたる祭り(辰野町)<中旬〜下旬>
7月 ●深見の祇園祭(阿南町)<24日>
●駒ヶ根高原花火大会(駒ヶ根市)<下旬>
●絵島祭り(高遠町)<第4日曜>
8月 ●人形劇カーニバル(飯田市)<上旬>
●伊那祭り(伊那市)<第1土曜・日曜>
●天伯社の七夕祭(伊那市)<7日>
●飯田りんごん(飯田市)<第1土曜>
●和合の念仏踊り(阿南町)<13日〜16日>
●新野の盆踊り(阿南町)<14日〜16日>
●かけ踊り(上村)<15日>
●飯田時又の灯ろう流し(飯田市)<17日>
市田港灯ろう流し(高森町)<18日>
●大芝高原まつり(南箕輪村)<18日>
●榑木踊り(泰阜村)<22日>
●早稲田人形芝居(阿南町)<24日>
●御射山祭(南信濃村)<第4土曜・日曜日>
9月 ●灯ろう祭り(高遠町)<秋分の日>
●大御食神社例祭(駒ヶ根市)<21日〜22日>
●五十鈴神社例祭(駒ヶ根市)<23日〜24日>
10月 ●七久里神社例祭(飯田市)<3日>
●高鳥谷神社矢納(駒ヶ根市)<5日>
●手づくり花火(清内路村)<6・8日>
●八柱神社の七年祭(羽根村)<9日・10日>
●満島神社秋祭り(天龍村)<第2土曜・日曜>
●入登山神社例祭(下條村)<23日>
今田人形(飯田市)<15日>
●神明神社の神事(辰野町)<第3土曜日>
●大鹿歌舞伎公演(大鹿村)<第3日曜>
●元善光寺菊人形展(飯田市)<15日〜11月15日>
11月 ●下篠歌舞伎公演(下條村)<23日>
12月 ●霜月祭り(南信濃村・上村)<第1日曜〜1月4日>



今田人形奉納上演

長野県飯田市では収穫を祝って、 10月中旬の土曜・日曜日に人形劇を行います。
場所は龍江大宮八幡神宮で行われ、。飯田I.Cから車で20分ほどでアクセスできます。




市田灯ろう流し・花火大会

水面にゆらめく灯篭に、夜空に咲く花火。
花火の音が2つのアルプスにこだまする余韻は山に囲まれたこの地方ならではのもの。けっして海の上の花火では味わえません。
毎年8月18日に行われます。




本学神社

国学の四大人(荷田春満=カダノアズママロ、加茂真淵=カモノマブチ、平田篤胤=ヒラタアツタネ、本居宣長=モトオリノリナガ)を祭神とする、全国的にもまれな神社で、江戸時代末期につくられた神社です。




大島山瑠璃寺

大島山瑠璃寺は1112年に比叡山竹林院観誉僧都(かんよそうず)によって創建されました。本尊の薬師瑠璃光如来、月光菩薩、日光菩薩は藤原時代の作で、昭和9年に国宝に指定されました。
参道を埋め尽くす桜も見所です。

4月第2日曜日に獅子舞が行われます。天狗のような宇天王がきらびやかな衣装に身を包みたづな一本で巨大な獅子を巧みに操ります。


Copyright  Shaddy, Inc.